豊後ブラックモンキーズとは

 14年前(1990年)、大分商業高校OBが、某スイミングスクールで大分初のジュニアチームを作り、その数ヶ月後に、別のOBが某スイミングで作った。ライバルではなく、あうんの呼吸でプレーした仲だったので合併することになった。そこでチーム名をどうしょうか?と二人で単純に迷った結果、お前は黒で「ブラック」、俺は類人猿で「モンキー」、大分は豊後、で豊後ブラックモンキーズ!(掲示板への酋長さん投稿より一部改変)

 矢治現監督(大分商業高校H13年度卒)もこの豊後ブラックモンキーズの一員であったが、高校に進学するとその代でメンバーが減少し、スイミングクラブの事情もあり、自然消滅的に解散に追い込まれた。しかし平成13年、大分国体(平成20年)の選手育成のために、県の事業で開始した水球教室が再建のきっかけとなった。

 近隣の小学校を中心にこの教室に集まった選手たちが、だんだん水球に熱を帯びていくのと同時期、矢治現監督が大分商業を卒業すると、さっそくこの教室の主任コーチとなった。そしてついに平成14年7月豊後ブラックモンキーズが再建された。

 再結成後の豊後ブラックモンキーズの戦跡は以下の通り。
平成14年夏季JO予選(小学生の部)3位
平成14年春季JO予選(小学生の部)3位
平成15年夏季JO予選(中学生の部)4位
平成15年春季JO予選(中学生の部)3位

今の中学2年生が高校3年生の時には、国体が地元大分県で開催される。
がんばれ豊後ブラックモンキーズ!

トップページへ